40代女性における一般的な更年期障害の症状について

更年期障害の症状は、女性が閉経を迎える前後の40代半ば頃から現れ始めます。

 

卵巣の機能が低下してくるにつれてホルモンが減少してくることが原因ですが、始めのうちはなんとなくだるい、ときおりほてるというもので、日常生活に支障はありません。

 

 

しかし、ほぼ閉経を迎える頃になると、めまいや耳鳴りといった自覚症状を伴い、同時にイライラしてしまうという精神的な症状も現れてくるようになります。

 

あまりに症状が酷い時には立っていることが困難ですので、不安になり病院へ行っても、これといった疾患が見当たらずに、更年期障害という分類をされてしまうのです。

 

 

症状があまりに酷いときには更年期障害の治療を専門としているクリニックを訪ねましょう。以前は心療内科を勧められましたが、最近では総合病院での更年期障害外来や、レディースクリニックも増えてきています。

 

更年期障害の症状は人によってさまざまで、軽い人もいれば寝込んでしまう程の人もいます。中には別の大きな病気の隠れ蓑となってしまっている場合もありますので、一度はしっかりと診察を受けましょう。

 

更年期障害は決して命に関わる病気ではありませんが、40代女性にとって、健康に過ごせる大切な時間を無駄にしないように、早めに治療をすることも考えましょう。

 

体も心も辛い更年期障害は、人によって症状が様々です。一般的に多いのは、ホットフラッシュですが、動悸や頭痛、耳鳴りや疲労感が酷くてし仕事や家事に差し支えがあるほどの方もいます。

 

他にも、心に症状が出るタイプの方もいて、イライラしたり不安感がとれなくなり、酷くなれば鬱にまで進行してしまう場合もあるのです。更年期障害は、他人から理解されにくく、本人だけが苦しんでいる事も多いのです。この辛い症状を、緩和するのがプラセンタなのです。

 

貴重な馬プラセンタがたっぷりのサプリ

 

アミノ酸の多い馬プラセンタを使用!
元気もキレイもこれ1つでOK!
90日間返金保証で安心!

 

 

詳細 >>エイジングリペア 公式サイト

 

 

更年期障害は、卵巣の機能が低下し、エストロゲンが減少する為にホルモンバランスが乱れしまう事で、様々な症状が出ます。プラセンタには、ホルモンの分泌を促す働きがあり、更年期障害の治療として多くの人に利用されています。

 

通院いらず!便利なプラセンタサプリ

 

プラセンタは、胎盤から抽出されているので、安心して使用できるのです。手軽に摂れるので、サプリメントも沢山出回っていますが、プラセンタ注射がダイレクトに効きます。

 

プラセンタ注射での治療を始めてから、症状が軽くなり、精神的にも楽になったという方が沢山います。ホルモンのバランスが整いますから、美容としても効果があるのです。

 

肌にツヤやハリが戻り、心も体も更に見た目までもが元気に若々しくなります。毎日辛いと感じている方は、プラセンタでの治療を考えてみるのも良いのです。

栄養の宝庫と言われ、アンチエイジングと密接な関係があるプラセンタ。他にもホルモンバランスを整えてくれるので、生理不順や更年期障害にも大きな効果を発揮すると言われています。

 

馬・豚・羊・植物由来の4つのいずれかの原料から作られている市販のプラセンタサプリには様々な種類がありますが、どれを選んだら良いのか?ということは意外と難しいもの。

 

プラセンタは抽出方法によって含有成分が大きく変わってくるので、有効成分量もチェックすることが「良いプラセンタサプリ」を選ぶことに繋がります。

 

特にアミノ酸をどれだけ含んでいるかという量、すなわち「アミノ酸含有量」がポイント。このアミノ酸が多く含まれている=他の成分も豊富に含まれているということ。

 

そして、抽出方法にも注目しましょう。「酵素分解法」「分子分画法」「培養細胞法」のいずれかであれば、有効成分を効率よく抽出されていると判断して問題ありません。

 

最後に気になるのが原料の生産国。産地が不明なものは避けた方がベター。できれば国産を選びたいものです。また、デンマーク産のものも良いとされています。

 

高いものが必ずしも良い、という訳ではありませんが、お手ごろな価格のものを安易に選ぶと配合量が少ない、ということに繋がりかねません。

 

結局は非効率的になってしまいますので、プラセンタサプリを選ぶ際には上記で述べた点に注意してみてくださいね。